ストーンの特徴

ャクラとは?

体に中心線に沿って7つある、エネルギーの出入り口です。7つのチャクラのバランスが取れているのが理想的で、どこかが弱かったり強すぎると、心や体に不調が出たり、物事がうまく運ばないといったことがあります。この場合調整が必要になります。
チャクラには司る作用と対応する色があり、クリスタルセラピーでは、チャクラの色のクリスタルを使用します。
以下に説明します。

第1チャクラ<黒・赤>

<場所>股の付近

生命力や行動力、自立など生きていく上での基本となる力を司ります。セラピーでは、オブシディアン、スモーキークオーツ、ブラックトルマリンを使用します。特にブラックトルマリンは、地に足を着ける働きをします。

第2チャクラ<オレンジ>

<場所>お臍の少し下

喜怒哀楽に関連し、また子宮の位置に近いことから女性性も表します。セラピーでは、サンストーンを中心にオレンジカーネリアンを使用します。
サンストーンは、気持ちを明るくさせます。

第3チャクラ<黄色>

<場所>胃の付近

アイデンティティや自信を司ります。また、集団の上下関係にも関連します。
セラピーでは、シトリンを使いますが、身に付けるのであれば、レモンクオーツやルチルクオーツもおすすめです。いずれも弱気や自信喪失から回復させる作用があります。

第4チャクラ<ピンク・緑>

<場所>胸の真ん中

ハートのチャクラであり、男女問わず良い縁を引き寄せます。最も使う石が多く、ピンクならローズクオーツ、緑ならアベンチュリンを中心にトルマリン、インカローズ、クンツァイトを配置します。
恋愛・結婚に大きく関わるチャクラです。

第5チャクラ<水色>

<場所>喉

表現のチャクラで、言葉を使ったコミュニケーションを司ります。セラピーでは、ターコイズ、クリソコラ、アクアマリンなどを使用します。いずれもコミュニケーションを円滑にし、喉の不調も癒します。

第6チャクラ<ロイヤルブルー>

<場所>眉間

思考力・判断力・決断力・論理性を司ります。
セラピーでは、ラピスラズリを使います。ラピスは、考え疲れた頭をスッキリさせます。

7チャクラ<白・紫>

<場所>頭頂

直感・想像力を司ります。セラピーでは、水晶を使用し、アメジストを頭の両脇に置き、頭を浄化します。